社内検査☆/株式会社 大興建設

沖縄の一戸建て住宅、マンション、共同住宅などの住まいのエキスパートです。

‘社内検査’ タグの付いた記事

社内検査☆

こんにちは☆
工務部の副島(そえじま)です。

まだまだ暑い日が続いていて、
ついつい冷たいものを食べがちですが^^;
体調を崩さぬようしっかり体調管理をしないとですね♪

 

先月の社内検査をアップしていなかったので(*_*)
今さらですが^^;

二世帯住宅の社内検査を行いました☺

設計の山口さんよりコンセプトを聞きました☆

◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

ひとことで言うと「快適で丈夫な家」になります。

3階建のコンクリート造に杉ブロックをはめ込むという工法は
木造に住みたい、でもコンクリート造が安心、そんな施主の声を
きっかけに考え出されました。

強い日差しやシロアリ、台風では70mを超える風が吹くこともある
沖縄だからこそ生まれた建築です。

具体的には、コンクリートの構造体が地震や台風に対して
耐久性を確保しつつ、12cm×12cmの杉ブロックが快適な
室内環境を生み出します。

杉ブロックは単純でありながらそれ自体が自立した壁となっていて、
外壁+断熱+構造+内壁+仕上という5つの役割を担っています。

コンクリート部分は安全性を確保した必要充分な数量にとどめて、
外壁に杉ブロックが多くなるように調整しています。

コンクリート量が減ると家全体の重量が軽くなるため、
基礎や杭など見えない部分が少しずつスリムになり
コスト削減につながっています。

また、コンクリート壁には漆喰を塗っており、
杉ブロックと合わせて高い調湿効果が期待できる作りになっています。

シロアリ対策は、どこから侵入したかが目で見てわかる安心さと、
構造体ではないので万が一の場合でも取り替えができること、
土間下の土壌改良や床下の薬剤散布と合わせたシロアリ保険で
年2回の検査があると言う3重の防御策を施しています。

木造は竣工後のメンテナンスができる職人の経験や技術や
施主の知識が必要不可欠ですが、木造文化が遠のいてしまった
沖縄では採用に不安な要素が多くあります。

しかし、木造の良さが見直されつつある現在の沖縄において
恒久的な役割を受け持つ「構造体(コンクリート造)」と、
日常的に施主が維持管理できる「構造体(木造)」
この2つの役割分担を明快にすることが安心で快適な家と
なるのではないかと考えました。

◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

山口さんから返答を頂いてそのまま引用しています^^笑

オーナー様の要望が形となった住宅なんだなぁと思いました☆

コンクリートのクールな冷たいイメージの中に
木のぬくもりを感じてホッとする素敵な家でした☺

社内検査もしっかり!!
行いました(*^_^*)

これからもチェック頑張ります(・∀・`)♡

2017 年 9 月 1 日 金曜日

社内検査を行いました。

こんにちは。

工務部の副島(ソエジマ)です^^

なかなか更新出来ずに日々が過ぎていき・・・
9月中旬になってしまいました^^;
すみません~汗

先月、今月と社内検査が何件かあったので
それぞれ別の日ですがまとめて載せていきます?

毎回、各部課から協力してもらい皆でチェックしていきます。

内外全て見て行きます。
気になる所は現場代理人に細かく聞いて手直しヶ所を目印つけながら。
勉強中の私はお客様目線で^^*
汚れが気になる、傷がないか、使い勝手等細かくチェックしていきます。

施主様へ引き渡す前なので厳しく~
皆さん真剣です^^b

ssdc_04 ssdc_01 ssdc_02 ssdc_03

オーシャンビュー☆
最後に検査した建物は10階建て!
エレベータがまだ動いてなくて
階段で最上階まで登りました(T_T)
すごく眺めが良くてきれいな海に癒されました~?

ssdc_05

現場の安全パトロールも行っていますよ^^*

ssdc_06

2016 年 9 月 22 日 木曜日

社内検査H28年2月

こんにちは、原価管理室の玉城です(^^)

 

この間、引渡し間近のとある物件の社内検査へ同行させてもらいました。

 

社内検査は、現場代理人と他大興社員と現場の協力業者さん達等で行います。

皆で見回りながら建具の建付けはどうなのか、床天井壁に傷や汚れは無いかなど、

細かいところまで出来上がりをチェックします。

 

チェックの印をつけるマスキングテープを片手にじっくり見回っている様子↓

A

 

普段内勤の私には色々見回ることで大変勉強になります(^^)

 

また今回の住宅は外観は壁が打放しで、クールな印象を受けましたが中へ入ると一変して木の香りいっぱいの温かみのある木造となっていました。

B C

D

 

 

 

 

 

 

お風呂場(↑写真右)の中は白いタイルに青が挿し色で入っていて美しいですが実はこのデザイン、

白の大幅タイルが床や壁の端で切れないように細かいモザイクタイルで調整されている機能的なデザインなのです。オーナー様に応えた設計の細かなこだわりをあちこちに感じる造りとなっています。G邸コンセプト

 

 

 

←今回の住宅のコンセプト(PDF)

 

 

 

 

 

 

 

社内検査に参加して良い経験になりました、これからはチェックも頑張っていきます!

 

 

2016 年 3 月 9 日 水曜日
株式会社 大興建設
〒904-0204 沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜364-2
電話:(代)098-956-5111
FAX:098-956-4569
ISO9001ZEHビルダー
2007-2018 © 株式会社 大興建設
沖縄のブランドコンサルティング ML Design(エムエルデザイン)